優秀出会い系

優秀出会い系なら安心安全!

安心安全に楽しめる優秀出会い系サイトを紹介しています

友人の結婚式での再会は運命だったのかな

読了までの目安時間:約 2分

大学4年間付き合った彼とは、就職も同じ県にして結婚まで考えていましたが、仕事の忙しさからすれ違いとなり別れることになりました。

 

その後、3年間連絡を取ることもなく、私は別の人と付き合ったりもしました。

 

3年が経った時、共通の友人の結婚式で再会したのです。結婚式では同じ席でしたが気まずい気持ちが大きく、話はほとんど出来ませんでした。

 

近くには住んでいたので、帰りの電車の中で少しだけ話はしました。再会はしてもその後、すぐに連絡を取り合うこともありませんでした。

 

結婚式から2ヶ月後のバレンタインの日、彼から会えないかと連絡があったのです。私はバレンタインだったと気付き、軽い気持ちでコンビニの200円くらいのチョコを買って会いに行きました。

 

その日、彼から「結婚して下さい」とプロポーズされ、可愛い婚約指輪も準備していてくれました。私は突然の事だったので、しばらく考えたいと伝え、200円のチョコを渡して帰りました。

 

帰宅し冷静になると嬉しさと、渡したチョコがあまりに安すぎたことで、思わず笑ってしまいました。その彼は、今の旦那様です。可愛い子どもにも恵まれ、とても幸せです。

諦めずに好きだと言う自分の気持ちを大切にしました

読了までの目安時間:約 2分
諦めずに好きだと言う自分の気持ちを大切にしました

私にとって本気で好きだと思える人ができたのは、就職してからでした。

 

同じ職場とは言っても部署も仕事内容も全く違う人でしたが、何回か機会があって飲みに行くうちに気が合い、電話やメールなどで近況を話し合う仲になっていました。

 

当時、彼には遠距離恋愛中の彼女がいたので、私はただの同僚のままの関係でも仕方ないと、自分の気落ちを抑えていたのです。

 

ある日、彼から彼女と別れそうだという相談を受けました。私の気持ちは恐らくバレバレだったので、なぜ彼がそんな相談をして来るのか分かりませんでしたが、そこからは割り切って二人で遊びに行くようにしました。

 

その後、私から告白をしましたが彼の返事はNOでした。別れた彼女のことが、まだ忘れられないからとのこと。ショックでしたが私はそれからも変わる事無く、二人で過ごす時間を大切にしようと決めたのです。

 

ピクニックにはお弁当を持って行ったり、誕生日にはお祝いしたりと私は一生懸命頑張りました。そんなある日、彼が「もう付き合ってるのと変わらないね。これからもよろしくね」と言ってくれたのでした。

 

その日から、もう5年以上経ちました。今では家族3人で、毎日幸せに暮らしています。

恋の力で苦手なものが好きになる

読了までの目安時間:約 2分

私は大のチーズケーキ好きです。ケーキ屋さんに行くと、必ずと言って良いほどチーズケーキを買います。

 

そんな私ですが、実は高校生になるまでは甘いものが苦手で、ケーキ類を食べることができませんでした。それを変えてくれたのが、大好きな彼だったのです。

 

彼は部活の先輩で、誰にでも優しくてカッコイイい人でしたが、私は密かに想っているだけでそれで満足していました。

 

部活帰りにみんなでバイキングに行った時のこと。女の子達がデザートコーナーでワイワイしている中、私は肉やサラダばかり食べていました。

 

その時、彼から「ケーキ食べなくて良いの?」と言われて、私は内心ドキドキしていました。苦手だという旨を伝えると、「もったいない」と言われて、少し落ち込んだのを覚えています。

 

でも、その何日か後に、先輩に呼び出されてチーズケーキを渡されたのです。「これ食べてみ、美味しいから」と言われ、その場でケーキを食べることに。正直、大丈夫かなと思ってはいたものの、先輩の好意を無下にできず思い切って一口だけ食べてみました。

 

そのチーズケーキは余り甘くなく、レモンの酸味があったので食べることが出来ました。本当はそれでも少し苦手だと思ったのですが、嬉しくて「とっても美味しいです!」と言ってしまったのです

 

その後、先輩に告白されて今でも付き合いは続いています。そして、毎年付き合い始めた記念日にはチーズケーキを作ってくれます。今ではチーズケーキが大好きになってしまった私なのです。