優秀出会い系

優秀出会い系なら安心安全!

安心安全に楽しめる優秀出会い系サイトを紹介しています

彼女の想いを受け止める余裕がありませんでした

読了までの目安時間:約 2分
彼女の想いを受け止める余裕がありませんでした

2008年の春、同じ職場の当時19歳の可愛い系、動物に例えるとフェレットのような彼女と出会い、初デートでお付き合いをすることになりました。

 

こんなスピード関係で、しかも人生初の彼女だなんてまるで夢のようでした。それでも職場内の恋愛だったので、最初は誰にも言わず内緒にしておくことに。

 

当時の私は、仕事のストレスもあっていつも胃や身体の調子が悪く、食欲不振と吐き気に悩まされていたのです。

 

彼女は美味しいグルメスポットへ行きたがってたのに、私の食欲の浮き沈みが激しく、チェーン店やファミレスばかり行かせてしまいました。それでも、彼女が私を愛してくれているのが伝わっていました。

 

ドライブデートやネットカフェデート、お互いの家でのデートなど楽しい経験をして、職場でも彼女はつい私に寄り添いたくなってたのが分かりました。しかし「恥ずかしいから職場では普通にして」と、彼女に言ってた自分がいたのです。

 

彼女と半年で別れたのは、彼女が毎晩のように自分の話しを延々と一時間以上してきて、こちらの話は何もさせない状態が苦痛になったからです。体調も悪く、余裕がなかったのでしょう。彼女を思いやることができませんでした。

 

何かしら改善策を授けなかったのが、いけなかったのです。今振り返ると、後悔ばかりが残る恋愛でした。

 

この記事に関連する記事一覧