優秀出会い系

優秀出会い系なら安心安全!

安心安全に楽しめる優秀出会い系サイトを紹介しています

友達の彼氏 側にいられるだけで幸せでした

読了までの目安時間:約 2分
友達の彼氏 側にいられるだけで幸せでした

私には、ずっと前から好きな人がいました。それは、友達の彼氏です。

 

彼氏がいない私は、いつも友達と友達の彼氏と3人で遊んでいたので、いつも一緒にいられます。

 

いつか自分の彼氏にしたいなんてことは、決して思ってはいません。想いを告げる事は一生ないですし、このまま一緒にいられるだけで幸せだと思っていました。

 

ただ、遊んだ帰りに友達のアパートに彼氏が泊って、私だけ家に帰る道のりで2人が何をしているか想像するだけで、胸が張り裂けそうになり泣きたくなるのです。

 

一生自分のものにならない事は分かっていましたが、結婚すると報告を受けた時は、自分でもどうして良いか分からなくなるほど悲しくて泣きました。納得していたつもりでしたが、やはり本当に辛かったです。

 

今では私も素敵な人と出会い、結婚して幸せになる事ができました。友達夫婦とは家族ぐるみの付き合いですが、彼を見ても何とも思わないほどに夫を好きになる事ができました。

イギリスでの運命の出会い 遠距離恋愛が始まります

読了までの目安時間:約 2分
イギリスでの運命の出会い

それは一人旅で、イギリスへ行った時のことです。

 

私はイギリスが大好きで毎年のように遊びに行っていたのですが、そのテーマは観光旅行ではなく、そこに住んでいるような滞在するというものでした。

 

ある朝、カフェで新聞を広げていると隣に座っていた英国人男性が、私に新聞の記事にあった音楽に関する事で質問をしてきたのです。

 

そんな出会いがきっかけで、すっかり彼と意気投合してしまいました。音楽について色々な話をしたり、電話で連絡を取り合ったりしていたのですが、私はたった2週間の滞在です。

 

私のテーマは住んでるかのように...ということで、特に話題にも上がらなかったプライベートな事は話していなかったので、彼も私が2週間で帰国するとは思っていなかったのでした。

 

明日に帰国という日に、お互いのファンであるミュージシャンンのライブへ一緒に行きました。そこで思う存分ライブを楽しみ、帰りがけにパブで乾杯したのですが、その時に彼から告白されたのです

もちろん、私も同じような気持ちがあったのですが、私はすぐに帰国しなければならず、自分の気持ちにはずっと気付かぬフリをしていました。遠く離れて自分が辛くなるのは嫌だったので、好きなってはいけないんだと言い聞かせていたのです。

 

明日に帰国すると打ち明けると彼は本当に驚いていたのですが、さすが個人主義の国だけあって、なぜ黙っていたのかという責める事はしませんでしたし、お互いが同じような気持ちだったのです。

 

その夜は朝まで楽しく会話して別れを惜しみ、再会のために努力し合おうねと約束したのでした。

信じた私がバカだった

読了までの目安時間:約 2分
信じた私がバカだった

私が大学に入学してすぐに好きになった人には、彼女がいました。

 

彼の事をなぜ好きになったのかは、言葉では上手く言い表せません。一緒に話していると楽しくて、自然と彼のことが知りたいと興味を持つようになったのです。

 

彼もまた、そう思ってくれていると感じていたので、彼女の存在を知った時は相当ショックでした。それを教えてくれたのも、彼ではなく共通の友人だったのです。

 

でも、彼には彼女の存在を知っていることは、なかなか言い出せず、知らないふりをしていました。すると、彼の方から私に告白してきたのです。

 

何も障害がなければ嬉しかったのですが、彼女の存在が気になりました。聞かずにはいられず、思い切って聞いてみたのです。

 

すると、私がその事実を知っていることにかなり驚いていましたが、彼は彼女とは別れると言ってくれました。ですから私は、その言葉を信じることにして、彼と付き合ったのです。

 

幸せな時間が訪れ、仲良く過ごせていると思ったのに、彼はその彼女と別れていませんでした。信じた私が馬鹿でした。

1 3 4 5 6 7 9